2014年04月07日

小水力発電

●自然エネルギーを自分たちで作りだそうという動きには、賛成なのですが、日本のような平地の少ない降水量がある程度見込める山国では、小水力発電がよいのではないかと思います。レアメタルも使わないし、食料自給のための土地を使う必要もなく。●ただ、山から河川を通り、海に流れ込む水流の環境整備をする必要があります。護岸の見直し、ダムの見直し、小さな用水路、小川を取り戻すなど。イノチが綾なす美しい風景が戻ってくることでしょう。そこに小さな発電装置を設置する。●じぶんの住む近所の地形に注意を払ってみてください。必ずといっていいほど、水の流れがあるはず。暗渠化が東京ではかなり進んでいるものの、昔流れていた痕跡があります。(この所、川沿いに散歩やサイクリングしては、自然発見しています)
posted by pecoe at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月02日

サクラ・ハイ

みごとに満開の桜を目に進んでいく。
想いは千々に、漂う。
深いところから浅いところから。
所々に違う花がはいってくるものだから、尚更。
サクラ・ハイ
これだから、ずっとつづいてきたのか。
もう散りはじめ。新緑まぢか。
旅の季節がはじまる。
posted by pecoe at 17:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年04月01日

春爛漫

桜を筆頭に、椿、木蓮、こぶし、レンギョウ、雪柳、水仙、オオイヌフグリ、遅れ気味の桃の花まで、あれこれ百花撩乱中。うちの辺りは、桜並木つづく桜の名所。チャリでストロールしながら、お花見。わけもない幸せ感に充たされる。今夜は、長崎天然ものの真鯛の潮汁。春爛漫。
posted by pecoe at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記