2015年10月27日

自由の森学園・学園祭

 行ってきました。自由の森学園学園祭。西武線飯能駅からスクールバスで15分の山のなか。小高い丘のうえにいくつもの棟とりっぱな体育館。 後夜祭のためのねぶた制作に余念のない高3生。鳥獣戯画を模した大作、カーブラインのほねに紙を貼って立体をつくるってなかなかにむずかしいのに、よくできてる。
  それにしても、どの子もかわいい。中学生高校生がおなじ空間にいっしょにいて、いっしょに学園祭をつくっている。父兄がつれてきているもっとちいさな子たちもいて。渾然一体、うごきまわり、あかるい話し声がそこここでひびいている。へんな雑音がない。 
 つめたい風がピューピュー吹きすさんで、キャンプファイアや紙風船、熱気球があげられない。今年は夏休み中もがむばって、例年より大きな熱気球つくったんだけど、あまりの強風に危険信号。実行委員長の女の子が、ステージのうえから事情をせつめいする。
  さあ、ねぶたをはじめよう。4台のおおきなねぶたが担ぎあげられ、はねまわる。 みんなで、運動場いっぱい、おお太鼓とラッセ、ラッセのかけ声で、はねまわる。くらいなかにぽうっと明かりのともったねぶたの幻想的なうつくしさと躍動するわかいエネルギー。 こりゃ〜、もりあがりますわ。
  ステージのうえには、ふたたびギターやドラムのフルバンド。そして、実行委員会の面々がステージのうえに。したからかかるやんややんやのかけ声が、仲のよさをしらしめる。
  合唱のじかんがはじまった。あの、あの、です。まじって、すっかり自森の生徒気分になって、うしろの男の子たちのよくとおる声が歌詞をおしえてくれて。大声で唄い、おどり、大感動でした〜!  最後のフィナーレは、なんと大空いっぱいにひろがる花火!みんなでみあげる花火。
  中高6年友愛とともにすくすく育つ。社会意識のたかい子も多そうで、ふつうにじぶんのことばを語り。なんたって、やさしい! やさしさを唄うこどもたち。希望のほしたち。あたたかくむかえてくれて、ありがとう☆ 感謝します。
posted by pecoe at 09:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記