2008年11月27日

小さな話しの輪

  旧い友人タダツの個展に銀座まで。昭和7年に建てられた同潤会アパートをおもわせるビルの小さな一室。NYから帰国して6,7 年描きためてた絵に囲まれてしみじみ話す。Tokyoは広すぎて、NYでじぶんが属していたようなアーティストコミュニティに何処に行けば出会えるのかわからないと言う。たしかに関東平野は日本最大の平野。そこににょきにょきキノコのごとくアミーバのごとく多種多様雑多な文化、1300万人近い人口が有象無象している。同感です、タダツさん。時々は都心部に出てリサーチしなければ出会いも生まれないかもです。
http://homepage.mac.com/tadara/PhotoAlbum5.html

  しみじみ話すという心の栄養ドリンクのおいしさ、甘美な時間の過ごし方に味をしめて、昨日は、古い友人が1年前にオープンした蕎麦、うどん、Ital foodの八百孝「あさひ」に午後1時上がりの仕事あと、でかける。

  渋谷区富ヶ谷にある天然酵母パンの老舗「ルヴァン」で長年働き、週一の休日には千歳烏山のそばやさんで蕎麦を打っていた超働き者。故あって、ルヴァンを退職したあと、マクロビオティックの総本山・日本CI協会で月五日ほど蕎麦とコーヒーの出店をやった末の独立。蕎麦好きでコーヒーにこだわる方にはお薦めのお店です。

 ◎蕎麦小店「あさひ」 世田谷区代沢4-32-26 tel.03-3485-7785
   (代々木上原、東北沢から徒歩10分)

  行きはイスラム寺院、帰りはCI協会のストアに寄り道。プリンのようなお豆腐とクリーミーな泡立ちの納豆をサプライズなお値段で。お店で友人がしきりと赤ちゃんになにか話しかけられている。聞けば、東北沢駅向こうでスローフードのクレープやさんをやってらっしゃる「KONA」の方らしい。

  slow food - hawaiian nameとくれば、月曜日にでかけたfrom Earth cafe OHANA@三軒茶屋。温かさと優しさがしっくり溶け合った安心できるお店。ピュアで優しい若い女友達二人のプロジェクト・こたね会はいつもここで開かれる。今回は、全国各地をトーク行脚してるトミタタカフミさんが暦の話しをしてくださるというので、13の月の暦をもっと知りたくてでかけました。
◎cotane blog: http://cotane.cocolog-nifty.com/blog/

  そうしたら、なんと導入は食養(マクロビオティック)の哲学陰陽五行のお話。続いて、旧暦。最後にちょこっと13の月の暦のお話。それはそれで、どう伝えるかのよい学びでした。13の月の暦は手帳を買うことにしました。

  なにか久しぶりに食養哲学と実践が促されているようです。わたしは基本は玄米菜食。お魚も食べるし鶏ガラでスープも取るし、ですが、野菜や豆が豊かにあるとお料理する気がむくむく湧いてくる。それで家庭菜園したくてたまらなくなる。今一度、学びなおそう。身近な人に正しく伝えられるように、
心新た。

  そんなこんなです。
ブータンという国に感動してそのことを書きかけてます。
近々アップします。
今日はいらしてくださって、ありがとうございます☆


  ごめんね許して。ありがとう。愛しています。


BGMはHawaiian, "Amy Hanaiau'i"
posted by pecoe at 13:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/23462965

この記事へのトラックバック


Excerpt:
Weblog:
Tracked: 2008-12-29 00:48