2015年10月27日

自由の森学園・学園祭

 行ってきました。自由の森学園学園祭。西武線飯能駅からスクールバスで15分の山のなか。小高い丘のうえにいくつもの棟とりっぱな体育館。 後夜祭のためのねぶた制作に余念のない高3生。鳥獣戯画を模した大作、カーブラインのほねに紙を貼って立体をつくるってなかなかにむずかしいのに、よくできてる。
  それにしても、どの子もかわいい。中学生高校生がおなじ空間にいっしょにいて、いっしょに学園祭をつくっている。父兄がつれてきているもっとちいさな子たちもいて。渾然一体、うごきまわり、あかるい話し声がそこここでひびいている。へんな雑音がない。 
 つめたい風がピューピュー吹きすさんで、キャンプファイアや紙風船、熱気球があげられない。今年は夏休み中もがむばって、例年より大きな熱気球つくったんだけど、あまりの強風に危険信号。実行委員長の女の子が、ステージのうえから事情をせつめいする。
  さあ、ねぶたをはじめよう。4台のおおきなねぶたが担ぎあげられ、はねまわる。 みんなで、運動場いっぱい、おお太鼓とラッセ、ラッセのかけ声で、はねまわる。くらいなかにぽうっと明かりのともったねぶたの幻想的なうつくしさと躍動するわかいエネルギー。 こりゃ〜、もりあがりますわ。
  ステージのうえには、ふたたびギターやドラムのフルバンド。そして、実行委員会の面々がステージのうえに。したからかかるやんややんやのかけ声が、仲のよさをしらしめる。
  合唱のじかんがはじまった。あの、あの、です。まじって、すっかり自森の生徒気分になって、うしろの男の子たちのよくとおる声が歌詞をおしえてくれて。大声で唄い、おどり、大感動でした〜!  最後のフィナーレは、なんと大空いっぱいにひろがる花火!みんなでみあげる花火。
  中高6年友愛とともにすくすく育つ。社会意識のたかい子も多そうで、ふつうにじぶんのことばを語り。なんたって、やさしい! やさしさを唄うこどもたち。希望のほしたち。あたたかくむかえてくれて、ありがとう☆ 感謝します。
posted by pecoe at 09:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月08日

ムーミン屋敷@あけぼのこどもの森公園 in 飯能埼玉

  きもちのよい秋晴れがつづいています。 昨日は、以前からいってみたかった「あけぼのこどもの森公園」@埼玉・飯能に。 敷地自体はそんなにひろくないのですが、地元でとれる丸太材や珪藻土ほかでつくられた「ムーミン屋敷」が最高でした。 ゆうがたともなれば、オレンジにひかる雑草や木立がとてもうつくしく、秋ならではの澄んだ風にあそぶトンボたちもいて、よい日でした。 昨秋の秩父札所めぐりをおもいだして、今年もすこしまわろうかとおもいはじめたところ。

  設計された村山先生の哲学がすばらしい。http://www.murayama-arch.com/kukan/kukan5.pdf
http://www.murayama-arch.com/philosophy.html
posted by pecoe at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年10月05日

Life-Art-Process@Tamalpa Institute / 表現アートプロセス

https://www.youtube.com/watch?v=4EwJmQArYv4
 アナ・ハルプリン、孫とおどる95歳のダンス@ホームスタジオ。
サンフランシスコからゴールデンゲートブリッジをわたったマリン郡、タマルパイアス山麓、木立に囲まれたウッドデッキ。 アナ&ダリア母娘とダンスし、ライフ・アート・プロセスした日々。思い出のウッドデッキ。
変わらない。 アナのように、人生をおどりつづけたいなぁ。
*******

  アナは、モダンダンスの先駆者で、サンフランシスコ・ダンスカンパニーを創った。夫は、ローレンス・ハルプリン。モダン建築家。そういう両親のもとにうまれたダリアはデニス・ホッパーと離婚後、ゲシュタルト・セラピーの創始者フリッツ・パールズの弟子となり、アナと和解し、ふたりで、タマルパ・インスティテュートを創る。表現アートセラピスト、ダンスセラピスト、ムーブメントセラピストの養成研究所。学生は、毎日朝から夕方まで、うえの映像のウッドデッキあるいは床暖房のある室内ウッドフロアで、ダンスし、絵を描き、ジャーナルを書き、話し合うということをする。最初のテーマは、Who Am I? 生育歴や家族関係をじぶんのからだや絵を描くこと、ことばにすることなどを通してプロセスしていく。わたしの在籍時、ヨーロッパからの留学生が多くて、特にドイツは政府が奨励して学費をだしていたので数がおおかった。オランダ、スイス、スエーデン、イギリス、それぞれの国の特色がよく観察できてよいまなびだった。

  今日から香港でひらかれている「国際表現アートセラピー学会」で友人がプレゼンテーションをするというので、昨日、電話でいろいろ日本のことを話していた。 表現活動はじぶんのなにかがふくらんでふくらんではっきりして、もうそとにおしだされるようにしてあらわれてくる。 小学校からの軍隊教育(右にならえで、ひとと同じ姿勢態度を強いて、一声命令すると文句もいわず従うような身体性思想性価値観を鍛えていく)で抑圧された身体性や感性。 明治維新からの生活様式の変化や政治的な影響などなど、日本のことをどうつたえるか。 しかも、開催場所は香港! ひとの温度が高いらしい。 じぶんにできることからやっていこう!

posted by pecoe at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月09日

カラダと意志

じぶんのおもさを大地にあずけながら
 ゆすふると
大地のチカラがはいってきます。

 大地に根ざしながら
天へと柱をたてる。

 意志がはっきりしてきます。
posted by pecoe at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年09月06日

夏のおわりの合宿

 昨夜おそく、合宿から帰宅しました。 
  野口体操と竹内レッスン三昧。 
宮沢賢治作「鹿踊りのはじまり」の世界は、ほんたうにステキで、
りっぱな鹿がしぜんのうつくしさや力づよさに、畏敬の念をもって歌うシーンで、
また一皮むけたような体験をしました。

  宿泊先が三浦半島の先っぽのYMCAで、
海がちかくて、波に足をあらわれ、砂浜にくすぐられ、
ひろびろした空、ふしぎな雲、とんび、レトロな建物の妙に、リフレッシュしました。

 この転機、この充実感でもって、すすんでいきます。
posted by pecoe at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月20日

Summer time has come !


  ジッと待っていると、極まるトキが、かならずやってくる。

 そこもまた動かず、つかずはなれず、

 ただ観ているようで、ただ随うのみ。
posted by pecoe at 05:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月19日

立て、ちいさきひとよ。 

等身大のからだ感は、よいんだけれども、もともとがおちびちゃんなのが、しみじみかなしいような ...。
posted by pecoe at 12:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月16日

ミライをまもれ。

07/15/2015 国会議事堂周辺、規制されつつのぎっしり人の波、あつくひたひたと飛沫をあげて、いまや魑魅魍魎の巣窟と化したかのような白亜のたてものにうちよせ、声をあげていた。
 さまざまな服装の、いろんな地域からの、いろんな職場からの、家庭からの老若男女がぞくぞく、集まってた。
その多様さこそが、ミライをまもる希望なのだとおもえた。

 祈りたいのは、警備している警官のなかから、デモ隊に共鳴共感し、転職あるいは、職場内でねばりづよくはたらく人が現れること。おなじ時代のイノチを生きているのだし、隣近所の兄さんが、たまたまああいう職についているということだってありうるわけで。

 ひとりひとりがいろんな歴史背景をせおって生きている。
おなじ時代のイノチを精一杯生きていることを忘れてはいけない。
posted by pecoe at 09:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月08日

カラダ 2

めざせ、足裏に肉球、何個?

足裏の津々浦々に、ちいさな肉球をかんじてみる。
その感覚に集中したまま、うごく。

日々の暮らしのなかで
腰のカンジ、肩・くびのカンジ、ひざの中身を(ただ)かんじながら。
何度も、そこにたちかえる。
posted by pecoe at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月07日

カラダのこと 1)

 ここ二週末つづけて、武術系の人がやっているカラダ系ワークショップに参加した。気功はかつて、教室をやっていたし、新体道は稽古に参加していた。説明しがたいことをいかに工夫して、ひとの興味を喚起し、届けるか。

 からだのことばは動物のことばのように思ってもらうのもいいかもしれない。犬や猫のすきな人は、かれらの言いたいことや感じていることがわかる。すきなので、自然によく見るし、耳を傾けている。できれば、さわりたい。こわごわだったり、ドキドキしながらだったり。相手のペースによりそって。
 すでに飼われている動物たちはこちらよりはやく、いろいろ察知して、よりそってくれてることの方が多いようだけども。

 ああ、でも、からだもそう。あたまの言葉よりもはやく状況やミライを感じとっている。にもかかわらず、そこにいて、よりそってくれている。

時間ぎれ。人間性回復からヒューマンポテンシャル、そして意識革命からシステム変革。なんてこともいつか。
posted by pecoe at 17:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年07月05日

いつか、あの岸辺でまた会おうね!

不食もいいけど、小食もいい。
からだの声がよくひびいて、きき分けやすい。
心もかるく感じる。


親のからだをまとって産まれてきて
しだいにそれをぬぎすてていき
じぶんのカラダをえらびとっていく
おわりのない旅をいきている。
posted by pecoe at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年06月19日

今日の「のぐち体操」

ぶらさげの感覚がゆらゆらスっとまっすぐはいって、上下のくだが通って、足が地にすいついた。そのからだで、しばしふたりくみであそぶ。ダンス。かるくなって、自由にちかづいた気がした。 ひとりリトリートにすこし流れがでてくるかも、かも、
posted by pecoe at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年03月23日

Live A Good, Honorable Life.


じぶんを大切に、尊重する、といいますが、これはなかなかにむずかしい。
肝心の「自身」というものが忘れられて久しい場合は、なおさらに。
まず、おのれ自身に立ち、かえることが必要となり、これがまたなかなかにむずかしい。
ながい間の紆余曲折を経て、すっかり「自身」が埋もれているので。
それでも、それはじぶんの核のようなものなので、ゆめであったり、
愛ある関係性につつまれた時などに、立ちのぼってきては、想起をうながす。
辛抱づよく、取り組むしかない。
忘れず、努めていけますように。
あきらめず、さいごまで。


ダライ・ラマ法王の18か条を紹介したサイト、参考になれば。
http://tabi-labo.com/100687/dalailama-18rules/


◎れんらくをくださって、ありがとう☆
励まし、たすけあって、すすんでいけますように。

all my relations,
Love


高橋ペコ
posted by pecoe at 05:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年02月16日

医療とは?

 以前にもご紹介しましたが、
アフガニスタンで、広い意味での医療活動を 辛抱づよくつづけておられる 中村哲医師。
尊敬もうしあげております。

https://www.youtube.com/watch?v=2hS6Rtpsu1M
posted by pecoe at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年01月08日

2015/01/08 I miss south Indian meals.

部屋のなかがしずかで不思議。シーン。正確にいうと、冷蔵庫の音とエアコンの音だけ、してる。まだぴんときていない。もう少し今日くらいのんびりしていたい気はするけど、じぶんに課したタスク、いかね〜ば。(くくるくるぱろま)南インド、恋しいなあ。ごはん、牛、チャイ、堂々とマイペースな、歩く姿がわがあるがままの人々、、
posted by pecoe at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015/01/07 帰ってきた!

羽田空港着 22:10. 出入国審査をすませて、22:30. 預けた荷物が出てこなくて、1時間近く待ち、吉祥寺行きバス終了。結局新宿西口行き深夜バスに乗り、新宿からタクシー。なんという贅沢。日本のタクシーのあまりにスムーズな走りにうっとり。結論として、エアーアジアはもう使わない。マレーシア人は好きだけど。さあ、明日からしごとだわ。またインドに行けるよう、社会に貢献しましょ。おやすみなさい。
posted by pecoe at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015/01/06 オーロヴィル簡単メモ

 さて、旅はティルチラパッリからラマナ・マハルシジーのティルバンナマライ、そしてミュージックフェスティバルたけなわのチェンナイからインドの思想哲学家シュリ・オーロビンドとマザーの目指したエコヴィレッジ「オーロヴィル」を訪ねたところで日程終了。印度二週間は短い。

 オーロヴィルの敷地は広大だった。ポンディチェリーからロコバスを乗り継いで入り口に辿り着き、歩きだしたとこで行きあったモーターサイクルの人にどの位の距離があるのと尋ねたら、10キロはあるよと言われ、すごすごリキシャに乗る。とりあえず、ビジターセンターに。なんせ、ゲストハウスの予約日より早く来ちゃったので、宿を確保しなくては。まず、予約をとっていたゲストハウスできくと、そのよるの分はなくその翌日はダブルルームだとあるというので確保。インフォメーションセンターで探してくれて、センターから離れているドミに。なんと、そこでティルで一緒に遊んださっちゃんと再会。再び二日ほどごはん友達に。
宿のレセプションを牛耳ってるラジが小遣い稼ぎに貸し出してくれた自転車がじつにオンボロな上にサイズが合わない。二日ほど乗ってギブアップ。歩ける範囲でとテクテク暮らしに戻る。じぶんの体のリズム、気分のペースで動くと気が晴れ晴れしい。でもね、オーロヴィル中、モーターサイクルと車が行き交ってるのよ。牛も歩いてるし、水牛車もいるけどね。ヒッチハイクさせてくれる人も一握り。12月から3月までは観光シーズンで、インド人観光客も沢山。賑やかてんこ盛り。

 オーガニックファームを二つほど訪ねる。ブッダ・ガーデンは人手が足りず、様子が掴めなかった。ソリチュード・ファームは、滋賀朽木村にあるエコヴィレッジ「山水人」を想わせる自然農法のファーム。やまうとスピリットを感じさせる若者たちがランチ定食やスイーツを提供するカフェを、農作業の合間に運営している。大きな風車とソーラーパネルで電力を賄っている。幸運なことに、アメリカはワイオミング大学の学生たちが教授に連れられて来ていて、そのガイドツアーに混ぜてもらうことができた。クリシュナというイギリス人が21年かけて育んでいる福岡正信さん流プラスアルファの田圃と畑。タピオカの硬い幹も流用して、よく設計されている。掲示板に富士山麓の此の花ファミリーの紹介記事と名刺が貼ってあった。オーロヴィルから数年前何人かのメンバーで訪ねたり、行き来があるらしく、何人かのオーロヴィリアンから、知っているかと訊ねられた。
グリーン関連ではもう一つ、「サダナ・プロジェクト」を訪ねた。これは凄いです! そもそも、オーロヴィルは40年前、赤土剥き出しの土地だった。そこに入植し、土の質、気候、日当たり加減など様々な要点に合う植物を試し、試行錯誤して、現在の美しい庭や森林、畑を作った。その技術を今や急速に壊滅しつつあるインド東海岸の緑化やカリブ海のハイチ、アフリカのどこだっけか、に無償で出かけ、働いているの。贈与経済の試みがうまくまわっているよう。

 毎週金曜日、サダナフォレストを訪ねるツアーが組まれていて、ソーラーキッチンの前からバスで、離れたサダナフォレストまで連れて行ってくれる。着いたらまず、トイレットのお作法のデモンストレーションを受ける。プーとピーがきっちり分けられ、手を洗う水も無駄にしない。人が田畑でできた作物をいただき、それを土に返し、土の生産力を落とさない。よく考え、実験を重ね続けている灌漑方法。それを緑化の必要な場所にギフトに行く。キッチンではロケットストーブが活躍している。 書きながらふと見る空港の外は、がんがんの暑さに違いない。けれども、インド帰りにはきついぞ、この冷房。ということで、ちょっと散歩して来ます。またね。
posted by pecoe at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015/01/06 クアラルンプール空港2

流石、空港で働いてる人たちはトランジット待ちの気持ちを分かってくれる。マシな処に移動できた。何事もあきらめちゃいけない。どうにも居心地がわるかったら、移るべし。道はひらける。 わたしはアメリカに8年いたり印欧に2年いたり旅してきたせいか、日本人ばかりの日本語ばかりの環境どっぷりにいると、縮こまっちゃうんだなぁ。それもまた愉しい修行なんでござ候えども、やっぱり多様な人との交流はこころ弾む。
posted by pecoe at 21:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015/01/06 On back way home@クアラルンプール again

ヤッホー! 明けましておめでとうございまする。今年もおねがいします!
というわけで、マレーシアはクアラルンプール空港ラウンジから3時間のフリーアクセス。外に出るつもりだったのに、国際線トランスファーラインで、うかうかろくな食べものも手に入らないエリアに罠にかかっちまった。エアコンがんがん効いてるしって、日本は寒いんだよね〜? プルル。
昨夜は、南インドの旧い街「ティルチラパッリ」空港のそとで、いい風に吹かれながらお月見しておりました。バックパックで旅してる人なんて、ほとんど見なかった。わたしもいつまで重い荷物背負って歩けるかしら。結局、移動はほとんどローカルバスで。インドのバスは、運転手が偉いの。車掌は、客の呼び込みと切符切りと集金、運転手のご機嫌とりもするし、じつによく働く。でも、王様はドライバー。人、牛、山羊、自転車、バイクを、ホーンで蹴散らして進む。運転、上手い! それにしても、ここは寒いぞ。そばのCoffeeショップのお兄ちゃんにきいたら、どうやら戻れるらしい。マレーシア人も爽やかに親切だなあ。外に出ませふ。またあとで。
posted by pecoe at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014/12/26 インド音楽祭堪能

From 9:00 am - 15:30, I enjoyed Indian music at Music Academy. Two of three were fabulous!! The man sitting next to me told that the performers come from all over India in this special season. The best one will perform tomorrow evening. He said I wouldn't get the ticket. After blowing up by music, I walked around and felt myself to be an alien. Although there will be a couple of good performances tomorrow, I better move on.
posted by pecoe at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記